ほうじ茶珈琲ティーパック 5g×12P

¥ 734 税込

商品コード:

関連カテゴリ

  1. ほうじ茶珈琲
数量

ほうじ茶珈琲ティーパック 

5g×12P


お茶屋茶匠が作った
ほうじ茶珈琲をご紹介します。

【あッ本当だ!コーヒーの中にほうじ茶が入ってる!どんな味なんだろ!?】


お茶屋茶匠のほうじ茶珈琲は、珈琲とほうじ茶をブレンドした珈琲です。香りはほうじ茶、味・コクはコーヒーという新しい飲み物です。「 珈琲が飲みたいけど、ちょっと重いかな。」「お茶もいいけど、飲み応えが欲しい!」そんな時におススメなのが、お茶と珈琲が融合した新しい飲み物【ほうじ茶珈琲】です。



【へえ~なんか不思議ですね。でも、正直言って想像がつかないです】

お茶産地である掛川産ほうじ茶の香ばしさと優しい渋みが、当社のブレンド珈琲と融合。新しくて親しみやすい日本人の味覚に寄り沿ったブレンドに仕上がっております。飲んだ後もまた飲んでみたくなる、あと引く美味しさで、和菓子にもぴったり!お茶のようにお湯で抽出してお召し上がりください。




【どうやって作ったんですか??】

ほうじ茶と珈琲。同じ嗜好品ですが、やはりお茶と珈琲は別物です。それを合わせようと思ったのが、実はお茶としては有名なあるお茶の発想から学びました。それは玄米茶です。玄米茶の「香りは香ばしいお米の香り」「味はお茶」という発想から、ほうじ茶珈琲は生まれました。しかし、お茶と珈琲は別物ですから、味のバランスのとり方にはとても苦労しました。しかし、そこはお茶屋茶匠の珈琲。お茶と珈琲にかけ橋を架ける事ができました!


【ほうじ茶珈琲 ティーパックの淹れ方のコツ】

①大き目のマグカップか、ティーポットを使います。②ティーパック1個につきお湯の分量150mlを注ぎます。③1分半ほどむらした後に適度にティーパックを振って味を抽出してください。④注ぎきった後は、2煎目をお楽しみ頂けます。

ブログ 美味しいコーヒーの淹れ方教室
メディアにも掲載されました
コーヒー教室開催しました
静岡の社長、荒川佳也
茶師深蒸し製法掛川茶